成人式の時に着物だけでなく雨コートも購入

成人式用の着物を両親に買ってもらいました。
ちょうど私の友人のお姉さんが着物を扱う有名な会社に勤めていて、時期も時期ということで着物フェアを開催するので良かったらどうですか?というお誘いを受けていたんですね。

なので、私と私の母、そして同じく着物の購入を考えていた友人とそのお母さんの4人で着物フェアに着物を見に行きました。

会場は普段は野球場にもなる場所というだけにかなり広く、その為にいろんな会社の着物が展示されていて、またお客さんも物凄い人数で賑わっていました。もちろん私たちが向かったのは友人のお姉さんが勤める会社のブース。
ブースには数人の店員さんがいらして色んな着物を見せてくれました。まずは何色が好みか?デザインはどのようなものが良いか?着物の技法(絞りとか手描きとか)の好みは?そんなことを私たちに聞きながら何点か持って来て下さって、実際に私たちに着物をあてて見せてくれたりしました。

結局、私はその中の淡いピンク色で大きな華やかな花が手描きで描かれた振袖に決め、それに合わせて金色に近い、これもまた花と鳳凰が織られた帯に決めました。それさえ決まってしまうと帯紐や伊達襟とかも直ぐに決まってしまうようで、速やかにいろんなものが決まっていきました。

ですがその後、一番揉めたのが雨コートでした。友人は雨コートは買わずに白い襟巻きを購入したので私も襟巻きにしようとしたのですが、着物に煩い母がそれよりも雨コートの方が大事と言い出したんです。

私からすると着物だけでも何十万もするのに雨コートも作るなんて高いし、成人式の日に雨が降るかも分からないし・・・と断ったのですが、母は断固として譲らず雨コートまで作ってもらうことに。

その時は雨コートなんて使わないしいらないのにと思っていたのですが、なんと成人式の当日。物凄い大雨。みんなドシャ降りの中、タクシーを拾っての参加でしたが他の友人達は会場に着く前に着物が濡れてしまったり汚れてしまったり。ですが、母のお陰で私の着物はそんなに汚れることも、濡れることもなく済みました。この時ばかりは「さすが母!」と本当に有難く思ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です