喪服、成人式で着た振袖の売却に関する体験談

持家を引き払いアパートへ引っ越す事になったのがきっかけでした、
持家と違いアパートだと収納が限られ、タンスの設置数も減ってしまうので、使わなくなった物の処分で喪服と振袖を売却しました。
着物買取24時で調べ着物買取してもらえる呉服屋さんに持ち込み査定をしてもらいましたが、二束三文の査定額でした。喪服は買取価格はつかないとの事で振袖は5000円の査定額、唯一少し高めの金額を付けてくれたのが帯でした。
店員さんの話しによると振袖に関しては、毎年多くの新作が出る中で、古い人気の薄れた物は買取額の低下が激しいそうです。
古い着物だと50年100年前といった極端に古い物には値が付くとの事でした。とはいえ、このまま捨ててしまうよりはずっとましと考え売却。着物は値が付くイメージがあり買う時あんなに高かったのに売る時はこんなもんかってがっかりしました。喪服はさて置き振袖なんか普段着ないのだからレンタルにしとけば良かったと後悔しています。

成人式の時に着物だけでなく雨コートも購入

成人式用の着物を両親に買ってもらいました。
ちょうど私の友人のお姉さんが着物を扱う有名な会社に勤めていて、時期も時期ということで着物フェアを開催するので良かったらどうですか?というお誘いを受けていたんですね。

なので、私と私の母、そして同じく着物の購入を考えていた友人とそのお母さんの4人で着物フェアに着物を見に行きました。

会場は普段は野球場にもなる場所というだけにかなり広く、その為にいろんな会社の着物が展示されていて、またお客さんも物凄い人数で賑わっていました。もちろん私たちが向かったのは友人のお姉さんが勤める会社のブース。
ブースには数人の店員さんがいらして色んな着物を見せてくれました。まずは何色が好みか?デザインはどのようなものが良いか?着物の技法(絞りとか手描きとか)の好みは?そんなことを私たちに聞きながら何点か持って来て下さって、実際に私たちに着物をあてて見せてくれたりしました。

結局、私はその中の淡いピンク色で大きな華やかな花が手描きで描かれた振袖に決め、それに合わせて金色に近い、これもまた花と鳳凰が織られた帯に決めました。それさえ決まってしまうと帯紐や伊達襟とかも直ぐに決まってしまうようで、速やかにいろんなものが決まっていきました。

ですがその後、一番揉めたのが雨コートでした。友人は雨コートは買わずに白い襟巻きを購入したので私も襟巻きにしようとしたのですが、着物に煩い母がそれよりも雨コートの方が大事と言い出したんです。

私からすると着物だけでも何十万もするのに雨コートも作るなんて高いし、成人式の日に雨が降るかも分からないし・・・と断ったのですが、母は断固として譲らず雨コートまで作ってもらうことに。

その時は雨コートなんて使わないしいらないのにと思っていたのですが、なんと成人式の当日。物凄い大雨。みんなドシャ降りの中、タクシーを拾っての参加でしたが他の友人達は会場に着く前に着物が濡れてしまったり汚れてしまったり。ですが、母のお陰で私の着物はそんなに汚れることも、濡れることもなく済みました。この時ばかりは「さすが母!」と本当に有難く思ったものです。

子供の七五三の時に利用させていただきました

子供の七五三の時に着物のレンタルを利用しました。
本当は洋服で済ませてしまおうか?とも思ったのですが子供も羽織と袴を着て写真を撮りますし、子供の大事な成長記録のワンシーンでもあるので私もちゃんと着物を着用して、この日を迎えようと思って着物をレンタルすることにしました。
私が利用した着物レンタルは着物と帯の他に草履やバッグ、それから着付けに必要な付属品が全てセットになったものでした。普段、着物を着ることがない私からすると、何の着物を選んだら良いのか?着付けしてもらうのに何を用意したら良いのか?全く分からなかったので、最初から一式全部がセットになっているのは本当に助かりました。また一応、着物と帯が最初からコーディネイトされていてセットになっているのですが、どうも帯が自分の好みではないという場合は別料金で帯を変更できたりもできるので、それも魅力でした。
こちらのレンタル屋さんでは自宅への出張着付け屋その他のサービスも有料でやって下さるとのことでしたが、私の場合は着物はこちらでレンタルして、ヘアとメイクと着付けは近所の美容院でやってもらうことになっていたので、こちらから持ち出しという形で自宅に着物を送ってもらいました。その際の宅配料金も往復無料で本当に便利で、しかも子供の七五三の良い思いでとなりました。

初めてのレンタル着物

私が着物をレンタルしようと思ったのは卒業式があったからです。人生で最後となる学生時代の卒業式なので華やかにしたら?と親にすすめられ買うのは高くて保管も大変だと思いレンタル着物にしました。
私がレンタルしたところはインターネットでカタログ写真を見て選ぶことが出来るところです。机などに平置きではなくマネキンに着せた写真が載せてあり着た感じがよりわかりやすかったです。また、思っていたよりたくさんの種類もあり、自分で組み合わせることもできました。わざわざ連絡をしなくてもレンタル日を選ぶことでその着物がレンタルできるかどうかまでわかります。
レンタル出来るのは着物だけなのかと思っていましたが最近はフルセットといって着物の中に着る肌着のようなものから足袋や下駄、カバンまでレンタルできます。普通に買うより安いし、何がいるかわからなくても全て付いてくるので心配いりません。また、私はレンタル着物を郵送でお願いしました。雨などに濡れないようにしっかりとビニールをかけてくれていたので中も濡れることがありませんでした。返送するときもある程度綺麗にたたみ全て入っていた入れ物に入れて返送するだけでクリーニングなどの手間もいらず楽でした。

成人式で着物をレンタルしました

かなり前になりますが、私は成人式の時に気ものをレンタルしました。
最初は振袖を借りようと思ったのですが、袴を履いたことがなかったので、一度は着てみたいと思っていました。

振袖は他のイベントでも着る機会がありますが、袴を履くのは卒業式か成人式くらいです。
また、袴のほうが振袖よりもレンタル用はかなり安いので、その点も良かったです。

とは言え、レンタル料はかなり抑えられたものの、メイクやヘアメイク、着付けや記念写真代などは振袖の時と同じだけかかってしまいます。

それでも成人式は一生に一度の思い出になりました。
自分の好みの袴を履くことができて良かったです。

成人式はやはり着物が一番です。
場所や地域によっては、暑すぎて着物が難しいところもあります。

しかし、その条件がクリアできるのであれば、やはり着物をきたいものです。
普段は着物を着る機会がありませんし、着物を着るめったにないチャンスだと思います。

成人式や結婚式は着物の良さを知る良い機会だと思います。